労働者派遣法の解説、人材許可.com
人材派遣業許可(一般労働者派遣事業許可・特定労働者派遣事業届出)有料職業紹介事業
人材派遣・人材紹介業に関するメール相談・電話相談
派遣法の解説。人材派遣事業や有料職業紹介業務の開業に必要な許認可手続きの申請代行。(東京都・神奈川県横浜市・川崎市・平塚市・藤沢市など全域・埼玉県・千葉県)
人材許可トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
一般労働者派遣事業

特定労働者派遣事業

有料職業紹介事業

紹介予定派遣事業

会社設立・助成金・就業規則

建設・港湾への派遣・紹介

人材ビジネスのピラミッド
人材許可.com > 人材業ニュース

人材業にまつわる ニュース


/**/

日雇い派遣事業からグッドウィルが撤退?厚生労働省は派遣事業許可取消の検討開始
平成20年6月

厚生労働省は24日、日雇い派遣大手「グッドウィル」(東京都港区)に対し、労働者派遣事業の許可を取り消す方向で検討を始めた。職業安定法違反事件で、東京簡裁から罰金の略式命令を受けており、厚労省は事実を確認したうえで手続きに入る方針。そのため、7月中にも廃業し、同事業から撤退する方針を固めた

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

労働者派遣法違反でフルキャストを業務停止命令へ
平成19年8月

人材派遣大手のフルキャストに対し、労働者派遣法に違反したとして、派遣事業停止命令および事業改善命令を出した。8月10日から、フルキャスト全店で1ヶ月,神戸の3店(三宮支店、三宮北口支店及び元町支店)では2ヶ月間、労働者派遣事業を停止させる。ただし、8月9日までに、既に行っている労働者派遣については対象外となる。

労働者派遣法で禁止している港湾運送業務への労働者派遣を行った

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

大手メーカー(特にソフト関係・IT関係)が派遣元会社の資本金額1000万円を目処として、派遣受入をし始めています
平成19年5月

資本金額が1000万円未満でも株式会社が設立されることになった昨今、大手メーカーでは、派遣元との契約をしっかりとしたものにするべく、派遣元の資本金額を調査し、資本金が1000万円以上あることを確認の上、派遣受入をする傾向になってきています。ですから、初年度に消費税免税事業者になろうと、資本金を500万円、資本準備金500万円として会社設立するようなことはオススメできません。特に、特定派遣事業においては、届出要件に資本金額や現金などの財産要件がありませんから、資本金額を少なめに設立する会社がありますが、派遣先内容にもよりますが、事業計画をしっかりと立て、派遣予定のメーカーに派遣できなくなった!などということのないよう、注意しましょう。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

偽装請負業者への事業停止命令!(大阪の会社)
平成18年10月

厚生労働省では、実際には労働者派遣なのに、請負契約を装って「偽装請負」を繰り返したということで、大阪労働局は、京都市の大手人材派遣「クリスタル」グループの製造業請負「コラボレート」(大阪市)に対して、労働者派遣法違反として、業務停止命令を出しました。
>>平成18年10月3日 製造業請負「コラボレート」の実態と業務停止

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

偽装請負に対する指導を強化します。
平成18年9月

厚生労働省では、労働者派遣法に違反し、労働安全衛生法等に定める事業主責任があいまいになる偽装請負の防止・解消を図るため、監督指導を強化することとし、各都道府県労働局長へ指示しました。
>>平成18年9月4日 偽装請負に対する取り組みについて

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

平成18年4月より、許可申請時に、登録免許税が『9万円』かかるようになりました

現在、一般労働者派遣事業許可や有料職業紹介事業の許可申請時に登録免許税(9万円)が加算されることになりました。
>>平成18年度税制改正の要綱別紙

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

人材ビジネス(特に業務請負・人材派遣業)の経営は、 実務運営面のみならず経営管理体制の整備にも重要な点が潜んでいます。

人材派遣業有料職業紹介業どちらか一方の許可だけでなく、両方の許可を取得することによって、紹介予定派遣事業などを実現することができます。兼業するための条件や気をつけなければならないこともたくさんあります。
また、人材ビジネス(業務請負・人材派遣業)のキャッシュフローは、入金より、支払いが先の場合が殆んどであるため、綿密な事業計画の策定・実行と資金調達が必須となります。

当月売上が予想以上に大きい!⇒ 勤務者(社員外)の給与支払いに待ったなし!⇒
資金繰りは大丈夫か?⇒ 黒字倒産の危機…

こんなことにならないためにも、経営運営体制の整備をしっかりとして、事業に着手しましょう!

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

人材派遣業や職業紹介業の許可要件は必ずチェックしましょう

人を扱う職業であるため、許可基準が厳しい申請です。 法人でも個人でも取得することはできますが、その財産要件や事業所の面積要件などを事前によくしらべておきましょう。
もし、これから会社を設立する予定であれば、資本金で要件をクリアしておくと、比較的スムーズに許可をとることができます。
事業所を借りるときにも、要件クリアしている事業所をかりましょう。

>>一般労働者派遣事業許可要件チェックリスト
>>有料職業紹介事業許可要件チェックリスト

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、八王子市
【千葉県】
千葉市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、野田市、我孫子市、鎌ケ谷市、
【埼玉県】
三郷市、春日部市、さいたま市、所沢市、川口市、大宮市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市

Yahoo!ブックマークに登録
文字サイズ変更
文字を大きくする文字を小さくする

社会保険労務士 寺内正樹

事務所概要
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー
サイトマップ


サービス一覧
セミナー予定一覧
講演・セミナー依頼受付
執筆・取材依頼受付
税理士(財務相談・決算)
行政書士(資金調達)


/**/

事業融資資金調達節税財務諸表分析決算就業規則作成変更労働基準法、労働契約法クーリングオフ代行自己破産多重債務過払い金